企業が環境問題に取り組むのは、今の時代は当たり前のこととなっています。

現在の中国のように工場から排出される汚染物質で環境を破壊することは、日本でも数十年前にあったことですが、今や地球環境を保護しながら、生産活動を行うことが、常識の時代です。

国際規格のISO14001の取得がないと、健全な企業活動ができないどころか、会社として世間から認知されないようになっています。

業績向上で利益を稼ぐことも大事なのですが、環境保護、改善に取り組みながら、経営をしていくごとが、時代の要請なのです。

しかし、もっと大事なことは、企業だけが環境問題に取り組むのではなく、会社で働く従業員も同じです。

社員一人一人が、高いモラルを持って環境問題に取り組みながら働くことは、企業人としての常識化とも言えるのです。

また、地元貢献も通して企業活動をしていことも、ある意味、環境問題に寄与することにもなります。

単なる収益を上げるだけでなく、今は環境を良くする働きさえ、企業に求められているのです。

地球温暖化と森林減少は互いに影響を与えあう関係です。

森林減少の原因は農地への転用や燃料を得るための伐採、木材をとるための違法伐採、焼き畑農業、森林火災などです。国でいうとブラジルやオーストラリア、インドネシアでの森林減少が深刻です。

森林が減少すると二酸化炭素を吸収してくれる植物が減ります。空気中の二酸化炭素の増加は地球温暖化を進める主要な原因のひとつですから、森林が減ると地球温暖化に拍車がかかることが分かります。

一方で、地球温暖化が進むことで森林減少が深刻化している地域もあります。例えば、アメリカやオーストラリアでは森林火災による森林の減少が起きています。森林火災は元々自然循環の一環で、火災が起きることで森林はリフレッシュされ再生します。しかし、温暖化が進むと森林再生を上回るスピードで森林火災が起きるようになり循環のバランスが崩れます。

森の減少と地球の温暖化は一方が進むともう一方も進むという正の相関関係です。放っておくと悪循環が加速します。どこかで、この悪循環を断ち切らなくてはいけません。

PR|生命保険の選び方|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|お小遣いNET|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|サプリメント|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|マッサージのリアル口コミ.com|家計見直しクラブ|初値予想|心の童話|住宅リフォーム総合情報|