私は高校を卒業して十年の間に五社以上の会社を経験していますが、現在の職場ほど節電に力を入れている会社は、この近辺にはないと思います。ISOセミナーに参加しているという話は聞いたことありませんが。

 

私の職場は温泉のあるホテル。チェックインが始まればお客さまによる電気の大量消費が始まります。
経費の削減として、チェックイン前の節電が徹底しています。

 

まず、ロビーのカウンター上、事務所以外の照明をすべて落とします。
昼間のレストランなどを開いていないからできることですね。
また、照明を必要とする場所での作業を、日差しに恵まれた日中に済ませることが義務化しています。

 

従業員の移動は階段が基本なのはもはや会社の常識。
お客さまに見えない場所にはいたるところに「節電! もったいない!」という女将直筆の文字がずらり。

 

その紙もカレンダーの裏紙です。
この節電は、食事会場にも共通しています。
食事会場では、お料理を並べる直前とお客さまがいらっしゃる時間のみ冷房の使用許可を得られます。

 

仲居さんや板場さんの作業場は扇風機のみです。
他のホテルを知る外注の仲居さんは「ありえない!」と嘆いていますが、みな渋々従っています。

 

会社が利益を上げるのに必死なのは十分伝わりますが、限度があるのではないかと個人的に思っています。
皆さまの会社は、どのような、どの程度の節約を努めていらっしゃるのでしょうか?